なぜ検査をうけたのか

それは突然やってきた。血便!なんとウンチに血が。いままでおなかの調子が悪くなったことがなく便秘にもなったことがないので、ちょっとびっくり。拭いたトイレットペーパーが真っ赤に。
そこで血便をインターネットで調べてみると「大腸がん」、「ポリープ」などなど怖い言葉が。しかもスグに治ると思っていたら1ヶ月も続いたのでついに病院へ。調べた限りでは、血便よりも真っ黒なウンチが出るほうが怖いと書いてあったのですが、ウンチはキレイなウンチ色。
しかもなんとなく残便感?(ウンチをしても残っているような感じ)しかも、なんとなくお腹が痛い。
病院にいくとスグに内視鏡検査をしましょう。との事で、5日後に予約。

病院をどこで探したのか

ちなみに病院はネットで探しました。人間ドックが探せるサイトや「内視鏡検査 東京」とか「大腸がん 検査」とか「消化器科 口コミ」とかいろいろなキーワードで調べた結果、都内の某消化器科へ。

病院を選んだ理由は1.機械が最新で痛くなさそう。2.先生が優しそうです。いろいろなサイトの口コミを見ていると、痛いとか、検査前が大変とか書かれていて心配になりましたが、実際の体験談を読んでいただければ分りますが、たしかに大変でした。唯一の救いは看護婦さんが明るく面白い人でなるべく緊張をほぐそうとしてくれた事です。 ポリープはある程度年齢がいくとほとんどの人にはあるといわれていたので私も1つや2つ、しかも残便感があったので、絶対に大きいポリープがあると思い込んでいました。頭の中には仕事はどうしよう、家族はどうしようとか、考えていました。 内視鏡検査の副作用として、腸壁が破れるとか、まれにそれによる死亡例もあると書かれていたのでさらに怖くなってましたが、実際こうして元気になってます。